FC2ブログ

風になるまで春がくるまで

さっちゃんパパ通信
 さっちゃんパパ命名の”さっちゃん病”と戦ってる”さっちゃん”に対して
パパさんの書いた詩に曲を付けてみました!!

 さっちゃんパパ通信HPアドレス = http://homepage2.nifty.com/sachi24/index.html


デイリーモーションで動画を見る → https://dai.ly/xt1li8


                            作詞、さっちゃん、パパ
                            作曲、だいちゃん、父

      風になるまで春がくるまで

    1.生まれたばかりの春の風が、林を抜けて吹いてきます
      ブランコに乗った少女のスカートが、風に揺れて、揺れて、揺れて
      神様どうかこの私を、優しさを運ぶ風にして下さい

      夏を告げる小鳥のさえずりが、空の高みから聞こえてきます
      ブランコの少女がパパママ、パパママと、歌い続けて、歌って、歌って
      神様どうかこの私を、幸せを奏でる小鳥にして下さい

      生まれた時に2ヶ月は生きられないと、言われた少女は
      春から冬を25回生きて、26回目の秋を待っています
      2つしか知らないパパママの言葉で、命の愛しさを歌っています

      だから少女の乗ったブランコを、このまま揺らし続けましょう
      少女が風になるまで、少女が小鳥になるまで

    2.透き通った秋の光が、キラキラと輝いています
      ブランコに乗った少女の笑顔が、僕の心に輝いて、輝いて
      神様どうかこの私を、希望を伝える光にして下さい

      ベスビオの灰の様な白い雪が、山の頂から降ってきます
      少女のいないブランコの上に、降り積もって、積もって、積もって
      神様どうかこの私に、祈って待つ勇気を与えて下さい

      2歳の時5歳までは生きられないと、言われた少女は
      春から冬を25回生きて、26回目の春を待っています
      2つしか知らないパパママの言葉で、命の愛しさを歌っています

      *だから少女の乗ったブランコを、このまま揺らし続けましょう
      少女が光になるまで、又春がくるまで*

      *~* リフレイン 
スポンサーサイト



0Comments

Leave a comment